風花回廊は風花未来のライフワーク

風花回廊(かざはなかいろう)」の第一弾として始めた「言響(こだま)プロジェクト」通称「こだま」。

 

その続きはどうなる?と思っている方もおられるかと思いますので、今後の予定について、少しお話しさせていただきます。

 

その前に「風花回廊」の意味をご説明します。

 

「風花回廊」。

 

「かざはなかいろう」と読みます。

 

「回廊」は、長い曲線の廊下のこと。社寺では聖域を囲む廊下を指します。

 

「聖域を囲む廊下」って、難しいですよね(笑)。

 

実は、難しいことは全くなくて、風花式では「大切なものと大切なものをつなぐ道」くらいの意味で使用することにしています。

 

さて「風花回廊」は、その名のとおり、たいへん長いシリーズとなります。

 

これから、長い時間をかけてご提供させていただくシリーズ全体を総称して「風花回廊」とネーミング。

 

その「風花回廊」の第一弾が、今回ご提供いたします「言響(こだま)プロジェクト」です。

 

2011年6月から12月まで、半年間にわたって行われた「言響プロジェクト」。

 

「こだま」を開催してみて強く感じたのは、多くの人が様々な不安を抱えていること。

 

精神的不安、経済的不安、物質的不安、肉体的な不安と……不安にもいろいろあるわけですが、私としては精神的な不安の問題が一番大きいと思っていたのでした。

 

ところが、私の深読みによれば、まずは経済的な不安がなくならないかぎり、精神的な不安もなくならない……と感じている人たちが圧倒的に多いこと。

 

こういうことは、あからさまには言いにくいので見えづらいのですが、本音では、そう思っているでは?と痛いほど感じる日々が続きました。

 

平たく申しますと「言葉」どころではない、というのが実情なのではないでしょうか。

 

今の私はというと、経済的にはそれほど深刻な悩みはありません。

 

しかし、職がない時期、仕事を辞めた時、フリーランスで食べてゆく技術やネットワークがなかった頃のことを想い出せば、お金に困ったら、やはり、豊かな生活はしにくいことは、体感的に理解できます。

 

10~20代前半までは、ぎりぎり食べられたらよいと私も考えておりました。一言でいえば、その日暮らしの感覚です(笑)。

 

さすがに今は、長い期間を展望して、計画的に暮らしてゆきたいと思っています。

 

これまでの自分の経済状況を振り返りますと、経済的に豊かな時でも、不安は消えたことはありませんでした。きっと、それは何かが欠けた状態で走っていたからだと思うのです。

 

その何かとは? これに気づくのに、長い時間がかかりました。

 

で、現在はどうかというと、ライフワークとなる仕事をしたいという気持ちが一番強いのです。

 

「言響(こだま)プロジェクト」のテーマは「言葉」です。

 

ですから、最も精神的な不安に直結しているはず。

 

でも、多くの人は「言葉の大事さはわかるけれど、それよりも、これからどうやって食べてゆけば良いのか、そちらの方をまず解決しないと他のことは考えられない」と感じているみたい。

 

人間の幸福は、心だけではかなえられない……それが真実だとすれば、まずは合理的に経済的な問題を解決してしまえば良いのです。

 

就職もせずに、フリーランスで経済的に自立して長いので、ノウハウは持っています。そのためのお手伝いに半年くらいはエネルギーを傾注するつもりです。

 

私は個人事業主ですから、税金・保険・年金などのことを考えると頭が痛いのですが、経済的な問題も逃げて通れるものではなく、いくつかある問題の中でも、「経済」は重要なことは間違いありません。

 

では、「言響プロジェクト」は止めてしまうのかというと、絶対にそうはなりません。「言葉」というテーマには、一生関わってゆく決心はついています。

 

ただ、「言葉」だけを、精神的な問題だけを、ワンテーマとして押し切るのではなく、大きな回廊の一つに「言葉」をおき、円を描くように、 一つひとつのテーマを形にして、具体的な成果を生み出してゆこうと思っています。

 

いくつかの建物があり、それらをつないでいるのが回廊と呼ばれる道で、私は案内人だと思っていただけたら幸いです。

 

ご案内する時に、もっとも大切にしたいのは「会話」。いえ、「回話」と書いた方が正確かもしれません。その具体的な方法も、来年、ご披露いたします。

 

私のライフワークは「風花回廊」と決めました。

 

いつくかの建物があり、その中には、精神的不安、経済的不安、物質的不安などを解決できる部屋をご用意いたします。

 

夢とか希望、悩みとか不安は、さまざまな要因が絡み合っているので、一つだけを取り出して、治癒しようとしても無理があります。

 

大きな円の中に、いろんな要素があるので、それらを回廊で結んで行ってやれば、心穏やかで豊かな日常が送れると私は信じています。

 

一生かかってでも完成させたいのが「風花回廊」という大きなプロジェクト(円運動)です。

 

風花回廊」で結ばれる建物が、風花シリーズに他なりません。

 

これまで「心伝」「乱舞」「瑠璃」を発表してきましたが、「風花回廊」という大きな視座がなかったので、すべて改良してゆきたいと考えています。

 

2017年1月現在では「風花回廊」は「風花シリーズ」としてご提供しております。